The 19th Lake Biwa Meeting on 30.September.2012

 

 

休暇村 近江八幡

Welcome to Lake Biwa Meeting

SDIM1327例年好天に恵まれていましたが、今年初めて台風が本土に襲来し一時は開催が危ぶまれましたが、皆さんの熱意で開催にこぎつける事が出来ました。


前夜祭 & Touring

DPP_0002レイクビワミーティングの開催日前日には恒例の前夜祭&ツーリングが行われます。

今回はOKN会員のコース選定で50キロ弱のツーリングからスタート。

 

 

DPP_0001

近江八幡市内をぐるっと周回して太郎坊宮ヘ向かいました。この絶景をご覧ください。比較的若いメンバーも膝小僧が笑う位の急坂を登り詰めると爽快な風が待ち受けていました。全員で明日の好天とイベントの成功をお祈りしました。

DPP_0001

 

 

OSD会員のニューカー、アストンマーチンシグネット。iQをベースに英国のエキスを詰め込んであるのですがさすがにアストン、れっきとした英国車に仕上がってます。ステアフィールもハーシュネスもアストンの其れとも言えます。。インテリアもアストンの名を冠するに相応しいスペシャルコンパクト。現代のバンプラとも言えますね。


 

9月30日 イベント当日

SDIM1401ADO16FAMILY

 

DPP_0022メンバー皆が一年間よい子にしておりましたが残念ながら台風は来てしまいました。

5月の浜名湖でのADO16 50thでは抜けるような青空だったのと好対照。

 

DPP_0044

 

MG1300を駆るMNG会員はダイヤモンドジュビリーのお土産でユニオンジャックをたくさん仕入れて来られました。

ADO16 の50周年、エリザベス女王のダイヤモンドジュビリーと2012年は英国車乗りには特別な年になりました。

DPP_0041

 

ADO16 50thのイベントではADO16ファミリー全車が勢ぞろいしましたが

今回はライレーが不参加!

来年は6台揃えたいですねえ。

 

DPP_0028

 

 

 

 

DPP_0016 DPP_0024

 

このイベントを機に入会したIZTファミリー
タイヤの空気圧が低いとわかるや否や家族全員でフットポンプでシューシュー。

今回はダブルエントリーで、旦那様はMGB、奥さまはバンプラでのエントリーでした。

ご覧下さい、このイベントを目標に擦り切れてしまったシートを旦那様が夜なべしてシートを張り替えてしまいました。

SNSなどで作業レポートをハラハラしながら読んでいたメンバーもほっとした瞬間でした。

 

 


SDIM1367

待ちに待った開会の時間。

70台弱のエントリーは半分程度になりましたが、遠路から会場へとたどり着いたエントラントと英国車たち。

半年も前から準備を開始したメンバーの思いとこのイベントを楽しみに空をにらみながら走り続けたエントラントの熱意で例年と変わらない雰囲気が会場を包みました。


OtherEnglish Cars

DPP_0007

前々日の天気予報では300%の荒天が予想どころか確定されていました。

しかしながらこの幌車の列を見て思わず涙が出そうでした。これはまさしく気合いか根性か??

DPP_0038

 

 

 

 

 

DPP_0025

 

 

 

DPP_0042

 

 

 

MG-TDもJ2もカニ目もサイドウインドウはまさに飾りのようなものです。なのにずらりと並ぶこの雄姿は思わず感動と笑みを浮かべてしまいました。

 

DPP_0039

 

 

 

DPP_0021

 

 

時折、スコールのように強く降る雨。その合間合間を縫うように熱い議論を繰り広げるエントラント

好天の折となんら変わらぬ光景があちらこちらで繰り広げられていました。

DPP_0043

 

 

 

 

 

 


 

SDIM1349

こちらが受付です、ブルーシートで雨対策しましたが、閉会後の撤収ではずぶぬれになってしまいました。

DPP_0018

いつもオートジャンブルで盛り上げて頂いてますOFFICE 403さん

 

 

 

DPP_0017

朝のうちはまずまずのお天気でしたがこの雨では商売あがったり??

 

 

 

DPP_0020

KON会員はナンバープレートをオーダーしてご満悦でした。

 

 

 

DPP_0023

今回のエントリーの大半を占めて下さったオースチンヒーリークラブ。

今回は関東より会長さんがご参加されました。

 

 

 

DPP_0015

親子でWエントリーしたSGMさん(ご子息)は学生の身でありながらご自身でコツコツとレストアされたオースティンセブン Nippyのデビューを目論んでいらっしゃいましたが、エンジンの不調でミニチュアカーでエントリー

 

 

 

DPP_0047

雨中渋くボディを濡らすロータスコルチナ積車にての参加でした。

牽引車はなんと ジャガーXJ

 

 

 

SDIM13261

変わり種のご参加
アストンマーチン シグネット
ナンバーの由縁は・・・・・・。
オーナーのOSD会員もにんまり・・・・。

 

 

 

DPP_0026

悪天候のため、会長自ら会場責任者との交渉の末、隣接するホールを借り受けてロッカーカバーカーレース、ビンゴゲーム表彰式を無事こなすことができました。

 

 

 


 

各賞の受賞者をご紹介します

 

SDIM1373

ロッカーカバーカーレース
第一ヒートウイナー ITOさん

常勝名古屋のINKさんを抑えての優勝

 

 

 

DPP_0030

ロッカーカバーカーレース
第二ヒートウイナー

傾斜が急な第二ヒートは、ダークホース
SGMさん(お父さん)が優勝

 

 

 

SDIM1376

ロッカーカバーカー
コンクールデレガンス

実車と共にコンクールデレガンスを
獲得したのはカニ目でご参加のKJYさん

 

 

 

SDIM1380

オースティンヒーリークラブ賞
1100クラブ HYSさん

TKM会長から表彰を受けるのは
当クラブメンバー HYS会員
バンプラMk-1でエントリー

 

 

 

SDIM1381

神戸MGカークラブ賞

希少なWolseley1300で遠路埼玉から
自走で参加された当クラブのFKW会員
荒天で商品が未着のためエアー表彰

 

 

 

SDIM1384

名古屋MGカークラブ賞

この賞恵まれない車に愛の手をという精神の下、
故INUさんのミジェットをコツコツとレストアしているOKN会員に贈られました。

 

 

 

SDIM1382

アルプスMGオーナーズクラブ賞

両車ともに素晴らしいコンディションの
MGB-GTのアルビオン会長ITOさん
MG-J2のSHCC HBNさんに贈られました。

 

 

 

SDIM1383

アルビオン賞

台風をものともせずに山形-東京経由で
琵琶湖まで自走された当クラブMMT会員
が受賞されました。

 

 

 

SDIM1383

THE 1100 CLUB JAPAN賞

迷うことなくにぎやかなファミリーで
Wエントリーされた神戸MGCCのIZTさん
に贈呈させていただきました。

 

 

 


SDIM1420

御  礼

LAKE BIWA MEETING2012 ご参加の皆様へ

台風17号で悪天候が予想される中、予定よりかなり台数は減りましたものの、遠方の方を含めまして多数ご参加頂き、有難うございました。
また、エントリー車両でのご来場は断念されましたが、RCCRや特別賞で盛り上げて頂きました皆様、ぎりぎりまでご検討頂き、やむを得ずご欠席のご連絡を頂きました
皆様、誠に有難うございました。
RCCR、特別賞の表彰は屋内のホールでの開催となり、お昼前の終了とさせて頂きましたが記念撮影も撮り、全スケジュール無事終了致しました。
お昼前から雨脚が強くなってきましたが、無事ご帰宅される事お祈り致します。
来年LBMは20周年を迎えます。皆様のお力をお借りしてより良いイヴェントにして参りますので、宜しくご支援を賜ります様お願い申し上げます。
エントリー並びに当日会場までお越し下さいました皆様、誠に有難うございました。

THE 1100CLUB JAPAN
会長 田近 弘

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です